スピードキラーのカラーチョイス

とうとう発売された、スピードキラー。各カラーの僕なりの使い方を紹介してみます。
 
 

【ゴーストアユ】
今さら何の説明も要らないぐらい、外せないカラーですね。とにかく一個となると、クリアーから霞水系のマッディウォーターまで、安定した釣果を得られる優秀なカラーです。
 
 

 
【インナーマットフラッシュアユ】
クリアーウォーターでは、透明感のあるボディは、実際の大きさをぼかし、小さく見せてくれる効果があります、インナーにフラッシュプレートを採用する事で明滅が際立ち、バスの捕食スイッチを強烈に刺激します。岩を食むアユの多い所では、効果の高いカラーです。
 
 

 
【インナーマットフラッシュハス】
TOP 50 七色戦で、雨により濁りの入り始めたストレッチで、あっさりリミットメイクした、信頼のカラーです。
 
 

 
【インナーマットフラッシュチャート】
フラッシュハスでのリミット後、見る見る濁りが蔓延するポイントで大活躍してくれたカラーです。チャートは、濁りに強い頼れるカラーです。
 
 

 
【ホロハス】
ギラギラしたフラッシュが効くホロハス。湖産のアユが放流される所では、混じって放流されるハスがいます。そんなフィールドで威力を発揮するカラーです。
 
 

 
【ホロギル】
今やバスのメインフードとも認識されるギルカラー。高水温期のギルしかいないストレッチで爆発します。
 
 

 
【ピンチャタイガー】
ルアーマガジンの8月号取材で大爆発したカラーが、ピンチャタイガーです。イメージはザリガニ、ベジテーション沿いや壁際など、水面直下で超トロ引きが、ハマるカラーです。マッディでも、強い!


 
 
 
 

 
【スケルトンライムチャート】
これも七色でのカラーローテで効果を発揮した、濁りに強いカラー。スレたバスもイチコロです。
 
 

 
【銀ピカタナゴ】
スピードキラーのモチーフはタナゴ。七色でも濁りがマックスになった瞬間、少しのキラメキを期待して投入。その日のナンバー1、2のキッカーを仕留めたカラーです。2時間ほどの使用で、かなりのローリングマーク。相当なピッチで動いてるのが、わかります。


 
 
 

 
【キンクロ】
雨が降ったらこのカラー、ターンオーバーや低水温期でも手離せないカラーです。
 

こう書くとどれも外せないカラーばかりです。
最低でもキンクロ、シルバー系、ゴースト系、チャート系があれば、天候や状況に応じ、ローテーションすることが、可能になります。

藤木 淳(ふじき じゅん)

  • 京都府出身・滋賀県在住
  • 1965年3月2日生まれ
  • 血液型 A型
  • FLASH UNION 代表
  • バスプロとしての輝かしい戦歴をはじめ、さまざまな釣りに精通する超実戦派アングラー。鋭い着眼力と尽きることのないアイデアにより数々の製品を世に送り出し、その優れたプロデュース能力は各方面から高い評価を得ている。実直な物造りの姿勢に根強いファンも多い。

  • 戦歴
    2001年 JBワールドプロシリーズ 第1戦4位/第3戦5位 年間総合6位
    2002年 JBワールドプロシリーズ 第4戦8位 年間総合14位
    2003年 JBワールドプロシリーズ 第4戦3位/第5戦3位 年間総合15位
    2004年 JBワールドプロシリーズ 第3戦5位 年間総合28位
    2005年 JB TOP50シリーズ 第1戦2位/第3戦5位/第4戦5位 年間総合優勝
    2006年 JB TOP50シリーズ 第3戦4位 年間総合10位
    2008年 JB TOP50シリーズ 第5戦3位 年間総合24位
    2010年 JB TOP50シリーズ 年間総合28位
    2011年 JB TOP50シリーズ 年間総合16位
  • 趣味:フライフィッシング、スノーボード