フルメタルソニック 開発秘話

フルメタルソニックのプロト第1号を持って、テストに出かけだしたのは、2年前の10月後半で、やっと実釣テストを行えるプロトが数種類出来た時でした。フルメタルソニックに使っている素材は、日本刀にも使われる非常に硬い鋼材を使用している為、プロトを作るのがメチャクチャ大変だったのが思い浮かんできます。

通常のメタルバイブは、加工がし易い比較的柔らかい真鍮などの鋼材を使用するのですが、素材の柔らかさ故、板の厚みを0.8~1ミリとらないと強度に不安が残ります。フラッシュユニオンではここに着眼し、フルメタルを使う事で0.4ミリという極薄プレートを実現しましたが、この素材がまた、凄い! 何が凄いかというと、ケタ外れに硬く、フックやスナップをセットする穴が開けられないほどの硬さです。

一個のフルメタの穴を開けるのに、ドリルの刃が3~4本いるのです、とにかく硬くて中々開かなく、しかも直ぐにドリルの刃が折れて使い物にならなくなってしまうのです。こんな苦労をしながら完成させたプロト第1号では、予想以上のとんでもないレスポンスと素早いピッチに自分でも驚きを隠せませんでした。

その日のテストでは、瀬田川のオカッパリでいきなり55クラスと62センチのバスをヒット!! 穴あけの苦労も吹っ飛ぶ恐るべき結果となりました。

それから1年間、モデルチェンジを繰り返しサンプルを作り込み…

昨年の冬に何とかリリースする事が出来ました。

昨年の冬の釣果情報は凄まじいもので、その口コミで一気に広がったようです。

ただ、フルメタルソニックが船団の中でも圧倒的に釣れるのにはまだ明かしていない秘密があり、板が薄い=レスポンスの良さと思ったメーカーが、薄いだけのプレートを採用してくると思っていたので、あえてその秘密は公開していませんでした、薄いだけではダメなんです。

次回はその秘密を明かします。

藤木 淳(ふじき じゅん)

  • 京都府出身・滋賀県在住
  • 1965年3月2日生まれ
  • 血液型 A型
  • FLASH UNION 代表
  • バスプロとしての輝かしい戦歴をはじめ、さまざまな釣りに精通する超実戦派アングラー。鋭い着眼力と尽きることのないアイデアにより数々の製品を世に送り出し、その優れたプロデュース能力は各方面から高い評価を得ている。実直な物造りの姿勢に根強いファンも多い。

  • 戦歴
    2001年 JBワールドプロシリーズ 第1戦4位/第3戦5位 年間総合6位
    2002年 JBワールドプロシリーズ 第4戦8位 年間総合14位
    2003年 JBワールドプロシリーズ 第4戦3位/第5戦3位 年間総合15位
    2004年 JBワールドプロシリーズ 第3戦5位 年間総合28位
    2005年 JB TOP50シリーズ 第1戦2位/第3戦5位/第4戦5位 年間総合優勝
    2006年 JB TOP50シリーズ 第3戦4位 年間総合10位
    2008年 JB TOP50シリーズ 第5戦3位 年間総合24位
    2010年 JB TOP50シリーズ 年間総合28位
    2011年 JB TOP50シリーズ 年間総合16位
  • 趣味:フライフィッシング、スノーボード