冬の霞水系!フルメタルソニック大活躍♪

こんにちは、フラッシュユニオンスタッフの中村です!
昨年末に発売開始されたフルメタルソニックですが、おかげさまで皆様の支持を得ることが出来、全国各地でその威力を発揮しています。
僕の住む茨城県も例外ではなく、本当に多くの方が使ってくれていて特に霞水系のオカッパリに於いては無くてはならない絶対定番となっています!

既に皆さんご承知の通り、フルメタルソニックは立ち上がり時の驚異的なレスポンス性能、狙ったスポットへ真っ直ぐに落ちてくれるストレートフォール性能、0.4mmの超極薄特殊鋼材を採用したボディから発するウルトラハイピッチバイブレーションが特徴の他には無い唯一無二のメタルバイブレーションです。

先日の釣行では前日との気温差が15℃以上も下降し、魚の動きも鈍くなった状況の中、上記の性能をフルに発揮し消波ブロック帯のボトムに張り付いたバスに対してシェイキングに近い超繊細なリフト&フォールを駆使して口を使わせる事に成功しました♪

朝の暖かさから春を探しにシャロー攻めの展開でしたが、みるみる気温が下がり無理っ!!って事で今回もフルメタルソニックに助けて貰いました♪

超繊細って言ってもどの位なのか皆さん気になりますよね??
そこで僕なりの使用法を少しご紹介したいと思います。
まずキャストし、狙いのボトムを取ったら20cm程のリフトさせます。この時のハイピッチバイブレーションでバスに気付かせるイメージです。
そしてフォールさせて再度ボトムを取り、2~3回シェイクを入れながらほんの僅かにリフトさせます。シェイクさせることでボディが左右に倒れ、ランダムなフラッシングを生みリアクションバイトを誘います。
これを一つの狙いのスポットで3~5セット行ない、反応が無ければ次のスポットへ打ち込んでいきます。
絶対にここだ!と言うピンスポットでは10セット以上行うこともあります!

そしてこの一連の動作を出来るだけバーチカルにアプローチする事が最大のキモです。

メタルバイブのバイトは霞水系ではその殆どがボトムから持ち上げた瞬間に集中しますが、このテクニックの場合、シェイクの最中に突然重くなるバイトが非常に多くなります。
冬バスの狭い捕食行動範囲内でしっかりアクションし、リアクションを仕掛けられるからこそルアーをしっかりバイトしてくれるのでフロントフックが口に掛かり、バラシが非常に少ない事もこのテクニックの特徴です。

忘れてはいけないのがこのフックの存在!

ゼロフリクションコートを施した強烈なフッキング性能を誇るノガレスダブルフックが標準装備されているので極軽いリフト時のバイトでもフッキングしてくれます!!

書き出したらキリが無い位、形状からフックに至るまでその全てに意味があるフルメタルソニックはこれからも活躍してくれそうです♪
まだまだ冷え込みのきつい日も多いので皆さんもフルメタルソニックで価値ある冬の一匹との出会いを体感してくださいね♪

それではまた♪

使用タックル
ロッド:6.6ft MLクラス
リール:5.8:1 ベイトフィネスリール
ライン:デッドオアアライブプレミアム ベイトフィネス8LB
ルアー:フルメタルソニック5g

中村 大輔(なかむら だいすけ)

  • 茨城県在住
  • 1982年12月22日生まれ
  • 血液型 B型
  • 牛久沼のほとりに生まれ育ち、幼少期より様々な釣りに親しむ。中でもバスフィッシングの魅力に取り付かれ、現在は霞ヶ浦水系のオカッパリを中心に活動中。同時にシーバスフィッシングやアジング等のソルトウォーターにも積極的に取り組むマルチアングラー。
  • メインフィールドは霞ヶ浦水系
  • 得意な釣りのスタイル:シャローカバーのベイトフィネススタイル
  • バスは勿論、へらぶな、シーバス、アジング等のゲーム性が高い釣りが大好き!上手いかどうかは別ですが…