Flash Union Blog 恵本将文

親子でバス釣り

2018-10-30 20:44:54

こんにちは、エモ兄です!

日曜日は娘とバス釣りに行ってきました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

 

今回が今年3回目の釣行で、過去2回はキッチリ釣ってくれましたが今回は既に簡単に釣れる時期ではないのでどうなることか?

前日に準備をしているとフラッシュジャンパーで釣りたいと娘が言い、選んだカラーはブラックブルーでした。

先週は深い所でフラッシュストレートのネコリグでしか釣れてないので巻きはキツイだろうなと思いましたが一応リグっておきました。

そしてとりあえず何でどうやって釣られせようか考えて、ひとつはフラッシュセルテイルのスルダン!

7gのシンカーであれば投げやすいし扱いやすく、セルテイルのスルダンは実績ありということで選びました。

そしてもうひとつはチビアバカスのダウンショット!

こちらはもう釣れない時の最期の切り札です。

これなら最悪でも1本は獲れるはず。

しかしながら当日はオーバーハングが多くてスピニングタックルで投げるのが難しく、結果的にベイトタックルのみ使うこととなりました。

 

朝の水温は先週よりまた0.8℃下がって19.2℃でした。

とりあえず娘の希望どおりジャンパーを巻いてみますが反応はありません。

水の色が少し濁っていてブラックブルーがあまり目立つ感じではなかったのでクロキンにトレーラーはセルテイルのゴールデンシャッドをセットしたものにチェンジ!

しかし全く反応なしということでいきなりネコリグも考えましたがとりあえず浅い方から順々に探ろうということで2人でデカアバカスのフリーリグを投げました。

私はデカアバカスのフリーリグはピックアップ時にもバイトチャンスがあるので早巻きで回収せずにデカアバカスのパーツやテールが動く速度でリーリングしてスイミングでも狙っています。

するとこの日は2回ほどバスがボート際まで追って来たのですがバイトには至らず!

それから岩盤沿いにキャストして最初のフォールでラインがスーっと横に動いたのでラインスラッグを取ってからアワセると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

なかなかグッドコンディションのバスが釣れました。

デカアバカスのカラーはカワエビ!

この1本に娘自身も自分へのバイトの期待が高まりましたが後が続かない。

私の仕事の都合で13時には納竿予定でルアーローテしながら場所を変えながら頑張ってみるものの何も起きないのでさすがに娘も諦めモード!

気がつけば時間は昼前になっていました。

せっかく来たんだからあと1時間集中して頑張ってみるよう声を掛け、娘はセルテイルのスルダンをピッチングしていきました。

岸に投げて着底後はゆっくりズル引きさせて底が取れなくなったらピックアップさせて、この時にロッドをシェイクさせながらリーリングさせたのですが突然「来たっ」‼︎

後ろを振り向くとロッドが曲がり水中にバスの姿が見えた時は焦りました。

娘に獲れるだろうか?と思う大きさでしたが難なくキャッチ!

普段の自分ならバスが突っ込む時にクラッチを切って対応しますが娘にはまだそんなことはできないので引きに耐えるのみ!

ラインブレイクが気になりましたが余計な心配でした。

この時、アブソルートの8lbを使用でしたが改めてこのラインの強さを知ることになりました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

キャッチしたのは50.5㎝、1,980gのナイスフィッシュでした‼︎

2人で大喜び(≧∇≦)

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

セルテイルのスルダン7g、グッジョブです!

 

娘も釣れたのでこれで帰れる(⌒▽⌒)

 

しかしもう少し時間があったので娘はそのままセルテイルのスルダン、私はジャンパーを巻くことに!

 

朝、ただ巻きでは釣れなかったので今度は岸に投げてボトムまで沈めてからリフト&フォールで探りました。

私のやり方はブレードの振動が感じられるスピードでリフトしてロッドを立てきったらロッドを倒しながらスラッグを取ってまたすぐにリフト!

ボトムへは着けません。

この場所には見えない立木があるようでリフト&フォールしていると立木にコンタクトしているのがわかりました。

そしてフォール中、立木にコンタクトした瞬間にゴン‼︎

スラッグを急いで取ってフッキングに成功!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

長さはあるけど可哀想なくらい痩せたバスが釣れました。

この後、今度はフラッシュジャンパーの奥義「ホバリングロール」

ブレードの振動がわかる限界のスローロールでカーブフォールさせていくと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

今度は体高のあるナイスフィッシュが‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

ワカサギレイクということで私のチョイスはワカサギにセルテイルはレインボーワカサギでした。

ジャンパーの重さは1/2oz

 

ここで娘もフラッシュジャンパーにチェンジ!

 

朝のように水中でジャンパーが見えるくらいの速度で巻くのではなく、とにかくゆっくり巻いて手元にブルブルが伝わってくるのがわかればOKと伝えました。

 

私は納竿!

 

さすがに娘はジャンパーで釣るのは厳しいだろうと思ってました。

 

前で片付けをしていたらまた、

 

「来たっ」

 

えっ!(◎◇◎;)

 

ロッドが曲がってました‼︎

 

「バラすなよ、慎重に」

で、無事ネットインした魚はまたもナイスフィッシュでした。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

娘、初の巻き物フィッシュ‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

フラッシュジャンパー丸飲み!

 

2本釣っただけで親指がボロボロになってました。

 

このジャンパー、私は3/8ozを使わせてたと思ってたのですが、ブレードにSの文字が!

※フラッシュジャンパーはウエイトによってブレードサイズが異なります。

間違って1/4ozを投げさせてたようです(^◇^;)

前回と違ってこの日はシャローで、そして巻きで釣れてバスも意外と活性が高かったようです。

 

これで娘に火がつき時間延長したいと言われ、私もそうしたいとこでしたが後を考えて娘もここで納竿となりました。

 

前週の結果からだと娘がバスをキャッチするのは難しいだろうと考えてましたが自己記録更新、そして希望どおりフラッシュジャンパーで釣ってもらえて良かったです。

 

次に娘と釣りに行くのは来年、暖かくなってから!

しばらくは受験勉強を頑張ってもらいます( ̄▽ ̄)

 

ところで、

 

だいぶバスをキャッチするのが難しくなってきましたがそろそろフルメタが活躍する時期になってきました。

フルメタは特に寒い時期限定のルアーというわけではなく、ハイシーズンでも普通に釣れます。

しかしハイシーズンはフルメタを使わなくても他のいろいろなルアーで楽しめるのであまり出番がありません。

 

寒くなると食わせか?リアクションか?

 

ライトリグの食わせで貴重な1本を釣るのも楽しいですが、フルメタだとライトリグのペースに比べてキャスト数が多くなるので当然バスと遭遇するチャンスも増えます。

とても勝負が早いです‼︎

 

そんなフルメタルソニックですが、SNSで昨年の釣果を確認したら11月からいろんなフィールドで釣れ始めてました。

下の写真は昨年11月の山口県のフィールドでの釣果ですが場所は全部違います。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

 

そして

 

今年もボチボチ釣れ始めているようです。

 

チャプター広島のライバルたちが

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

弥栄湖で!

 

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/30

白竜湖で!

 

先を越されましたが今からマクリあげます 笑

 

皆さんもフルメタが強くなって店頭在庫がなくなる前に今から、カラー選び放題のうちに準備完了お願いしますm(_ _)m

 

使用タックル

フリーリグ

ルアー デカアバカス

ロッド 66MH

リール 8.1

ライン バリバス  アブソルート12lb

フック ノガレス フッキングマスターリミテッドエディション モンスタークラス5/0

シンカー 14g

 

フラッシュジャンパー1/2oz

ロッド 68MH

リール 6.3

ライン ノガレス デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト12lb

 

フラッシュジャンパー1/4oz

ロッド 66M

リール 6.2

ライン 1/2ozタックルと同じ

 

スルーダウンショット

ルアー フラッシュセルテイル5.3

ロッド 67ML

リール 8.1

ライン バリバス  アブソルート8lb

フック リングオフセット3/0

リーダー ロング

シンカー グレネードシンカー7g

abacus_shad_43flash_jumperflash_jumper

フラッシュストレートでなんとか…

2018-10-24 17:59:21

先週の土曜日、チャプターの先輩K.Kさん!

 

ベイトが溜まる水深12mのフラットボトムをフラッシュストレート5.8と4.3のダウンショットリグのズル引きで攻略‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

コンディションの良いバスを釣られてます。

 

最大は

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

55アップ 2キロオーバー‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

フラッシュストレートのカラーはAYUだったそうです。

 

日曜日

 

私は前週と同じフィールドへ

 

朝の気温は8℃だったか、人間的にはもう冬でしたが水温は20℃ちょうどと前週より0.8℃低くなっているだけでした。

 

まずは浅い方からフラッシュジャンパー、スピードキラー、MIDクランク、Dクランクとローテするも反応がないのでココ最近、反応の良かったデカアバカスのフリーリグを投入してみましたがコレも当たらず!

 

ヤバイ((((;゜Д゜)))))))

 

次にスーパーダイレクションジグ、ダイレクションジグ4.5gとローテするも無反応(汗)

 

ならばとフラッシュストレート5.8に3.1gと重めのネイルシンカーを挿入、ネコリグオフセットフックをセットして岬周り、ガレ場、岩盤、レイダウンなどを攻めていきました。

 

重めのシンカーにしているのはディープまで探るのとリフト&フォールをクイックにしてリアクション効果を得たい為です。

 

ファーストフィッシュはガレ場の水深8mぐらいのとこ。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

浅いとこに投げ、そこから素早く小さくリフトしてはフォール&ステイを繰り返し深い方へ落としていくとステイしたとこでバイトがありました。

 

ネコリグオフセットフックをセットしたフラッシュストレートが水中でどのような動きをしているのか?

 

ネコリグオフセットフックの装着方法?

 

ブログの最後にフラッシュストレートについての詳細説明ページを貼っておくのでその中にある上記の動画を是非参考にしていただけたらと思います。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

ネコリグオフセットフック

 

よくネコリグオフセットはフッキングが悪いのでは?と質問されることがありますが、動画の説明通りにフックポイントを薄皮一枚ぐらいの位置にセットしてやれば何の問題もなくバスの上顎を貫きますよ!

 

そしてスナッグレス性能抜群なのでガレ場でも複合レイダウンの周りでも根掛かりすることなく安心して攻めることができます。

 

あとはズル引きをしてもバンピング、スイミング、それからフルキャストをしてもフックがズレることがないのもメリットだと思います。

 

ワームにフックを装着するのにいちいちリングやチューブを付ける手間やコストがかからないのも良いとこです。

 

私的なデメリットをしいて上げるとすれば慣れるまでペグを刺すのに時間がかかることぐらいです。

 

不器用な私だけかも(汗)

 

話は釣行に戻しますが、この魚からやっぱり他のフィールド同様深くなってるなと判断して魚探で地形と水深を確認しながら8m付近にルアーをダイレクトに送り込みアクションは1本目同様に誘っていきました。

 

すると今度は傾斜のある岩盤の10mぐらいのとこでバイト!

 

魚は一気に浮上してジャンプしたと思ったら今度は急潜行‼︎

 

無理なやりとりをせずクラッチを切って時間をかけてランディングすることに。

 

確かこの辺はスタックするような木はないはずと思った時でした!

 

ゴンという衝撃とともに魚の動きが止まり、恐る恐るロッドにテンションをかけてみると魚が動いてズズズッと木に擦れる感触からロックオン‼︎

 

まさかのというか私が間抜けで木化けされてました(涙)

 

思わずロッドを水面に叩きつけそうになりましたがこれで折れたらもう立ち直れんと、そこは冷静に水面から数㎝のとこで思いとどまりましたσ(^_^;)

 

ルアー、釣り方は悪くないようなので場所を変えながら同じように攻めていき待望のバイトは50アップ‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/24

この日はこの魚が最後となり私にとってはとても厳しい1日でしたがフラッシュストレートのおかげでなんとか魚をキャッチできて良かったです。

 

 

使用タックル

スリップスルーリグ

ルアー フラッシュストレート5.8

ロッド 67L

リール 7.9

ライン バリバス ガノア アブソルート8lb

フック ノガレス ネコリグオフセット1/0

シンカー 3.1g

 

 

 

 

flash_straight_58

デカアバカスのフリーリグ‼︎

2018-10-17 20:59:30

 

こんにちは、エモ兄です!

 

今回の釣行もデカアバカスのフリーリグが好調でした。

 

と、その前に14日(日)に弥栄湖で開催されたポットベリートーナメント通称PBTでチビアバカスがイイ仕事をしてくれたようです。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

活躍したイベント限定カラーのチビアバカス!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

写真左のデカイ魚を持ったデカイ人がチビアバカスのDS3.5gで岩盤絡みのディープフラットを攻略してBF賞となる1,685gのバスを釣ったノブリン!

※写真は本人fbより

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

※写真はPBTのHPより

 

http://www.potberry.jp/

 

釣り方は、シンカー着底後にワームが着底するまで待ってそこからバンピングさせながら広範囲を探っていったそうです。

 

チビアバカスは魚のサイズを選ばずよく釣れるワームです‼︎

 

イベント限定カラーですが、今月27、28日に開催されますバサーオールスタークラシックの会場に出展のフラッシュユニオンブースでお買い求めいただくことができますので皆さんよろしくお願いします。

 

そしてここからが私の釣行について!

 

約2ヶ月半ぶりの小規模リザーバーは釣れてないのか貸切状態でした。

 

水温は朝20.8℃〜21.8℃

 

北側から爆風が吹いているので風裏になる西のアームから釣り始めました。

 

この日もまずはフラッシュジャンパーから!

 

同船者のクニちゃんと2人で流していきましたが無反応。

 

ということで同じエリアを前回の釣行同様、私はデカアバカスのフリーリグ14gでクニちゃんはデカアバカスをバウヘッド10gにセットして攻めていきました。

 

なぜフリーリグを使ったかというと、前回の釣行で好反応だったのでフィールドが変わった場合はどうなのか?を知るためにです。

 

まずは垂直岩盤のちょっとした凹凸の部分に投げてフリーフォールさせていくと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

1本目からナイスフィッシュが‼︎

 

次に垂直岩盤が続く途中にある岩盤の張り出し部分

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

水深は4mぐらいでヒット!

 

次はロードベッドから落ちるブレイクのショルダー

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

単発ですがグッドコンディションの魚ばかり!

 

バウヘッドを使っているクニちゃんはバイトが遠かったですが

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

50アップを釣りました!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

バウヘッドのフックはデカアバカスに合わせるために5/0に交換してあります。

 

しかしバイトは続かず…

 

私の方は

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

緩やかな岩盤で!

 

それから

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

複数のスタンプが絡む岬!

 

そして

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

護岸の沖!

 

前回はゴールデングリパンが良かったですが今回はカラーに関係なく好反応でした。

 

釣り方ですが、何も難しいことはしていません。

 

最後の護岸沖の魚はファーストフォール後にリールをゆっくり巻いてスイミングで釣りました。

 

基本、ショア沿いの水中が見えなくなるぐらいの所にキャストしますが水の透明度や地形の傾斜角度によって当然、水深は異なります。

 

まずファーストフォールでアタリがないか?シンカー着底後にデカアバカスがノーシンカー状態でフォールするのを想像しながらバイトの有無、着底を待ちます。

 

私の場合、シンカーが着底してからだいたい10秒近く待ちます。

 

この間にラインが走るか、もしくは最初のワンアクションを入れる前に軽くロッドを動かして聞いてやると食っていることが多いです。

 

ファーストフォールの後で食ってない場合はまたリフト&フォールしたり、ズル引きしたりと私自身フリーリグを使い出して間もないのでそれぐらいのことしかしていません。

 

それだけで今のところデカアバカスのフリーリグはよく釣れています。

 

シンカーを最初から重い14gでやっているのはデカアバカスのフォールに緩急をつけたいからです。

 

重いシンカーで素早くデカアバカスをフォールさせていき、シンカー着底後はノーシンカー状態でゆっくりとフォールさせることによってデカアバカスの爪やテールの動きにも変化が起きます。

 

じつはこの日、釣り仲間が同フィールドに来て5gのフリーリグを試していたらしいのですがバイトが無いと苦しんでいました。

 

なので私が14gを使用していることを伝えてそれで変更してみるとヒットに繋がったようです。

 

この重いのがいつも良いのかはやり込んでみないとわかりませんが、現時点での私のフリーリグは重いシンカーを使って動きにメリハリをつけた方が良いように思います。

 

ちなみに前回の釣行ではバウヘッドでもバイト多数でしたが今回はバウヘッドとフリーリグで明らかにバイト数に差が出ました。

 

前回、バウヘッドは着底後にワンアクションでバイトが多発。

 

ということは底付近の魚が釣れていたと思われます。

 

今回は浮いていた魚が多かった為にフォールでアピールして食わせることができるフリーリグが特に良かったのかなと。

 

しかしフリーリグはボトムでシンカーと引っ付いてしまえば直リグのようになりボトムの魚も狙えるのでかなり便利なリグだと思います。

 

このリグに、ボディーにボリュームがあり各パーツがそれぞれよく動いてアピールしてくれるデカアバカスはとても相性が良いのと前述のチビアバカスにしても中アバカスにしてもアバカス3兄弟はフィールドを選ばずよく釣れるワームなので皆さんも是非ホームフィールドで試してくださいm(_ _)m

 

使用タックル

フリーリグ

ルアー アバカスシャッド4.3

ロッド 66MH

リール 8.1

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

フック ノガレス フッキングマスターリミテッドエディション モンスタークラス5/0

シンカー 14g

 

 

abacus_shad_28abacus_shad_43