Flash Union Blog 恵本将文

爆釣、デカアバカス‼︎

2018-10-10 20:03:56

こんにちは、エモ兄です!

 

日曜日に釣り仲間と久しぶりとなるリザーバーへ行ってきました。

 

水温は私の魚探で24℃台

 

この日もまずはフラッシュジャンパー1/4ozでシャローからスピーディーにチェックしていくと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

早々に立ち木が絡む、なだらかな岬の水深1mぐらいでヒット!

 

同じ岬で同船者がホグ系ワームのテキサスリグで1本。

 

それから流していき、また岬で

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

グッドコンディションのバス‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

カラーはジャンパーがクロキン、トレーラーのセルテイルがゴールデンシャッドでした。

 

そして3本目

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

ジャンパーでの今日1サイズ

 

このあと日差しが強くなりだしてから反応がなくなったので1/2ozでレンジを下げて探ってみましたがこの日はバイトを得られず。

 

ということでここからまず私はユニオンクローのキンテキリグ、スーパーダイレクションジグを撃っていきましたが無反応。

 

同船者は試してみたかったというバウヘッドにデカアバカスをセット!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

フックをデカアバカスに合わせる為、5/0に交換していました。

 

※写真のデカアバカスはセット例として撮影したものでカラーはスジエビです。

 

コレを使って

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

いきなりナイスフィッシュ‼︎

 

カラーはカワエビでした。

 

使い方は岸に投げてフォール後に短いステイから一回素早くリフト!

 

バイトがなければ回収してまたキャスト。

 

これを繰り返してコレだけでこの日は結局2桁釣りました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

この日はアベレージサイズがいろいろな岬でスクールになっており当たる所では2本〜3本続けて釣れました。

 

私は以前の釣行で試して反応が良かったデカアバカスのフリーリグをやってみました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

カラーはゴールデングリパン

 

14gのシンカーを素早く沈めてそこからデカアバカスのノーシンカー状態は各パーツとテールが水を噛みワイドな動きをしながらゆっくりフォール!

 

この最初のフォールでラインが走るか、もしくはフォール後のステイからのズル引きを始めてすぐにバイトがありました。

 

そして私もアベレージサイズを中心に久しぶりの2桁釣行となりました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

釣れたのはグッドコンディションの魚ばかり。

 

同船者のクイックなアクションと私のスローなアクションどちらでも反応が良かったので釣り方がどうというより単純にデカアバカスへの反応が良かったという感じでしょうか(笑)

 

デカアバカスへの反応が良いので途中またユニオンクローのキンテキやスーパーダイレクションジグ、同船者はフットボールラバージグやライトリグなんかを投入してデカアバカスとの違いを確かめたりもしたのですが、なかなかバイトが得られないのでデカアバカスにチェンジするとまた釣れてしまうという具合でした。

 

そして後日、釣り仲間のドイザー輩達さん(笑) いや笑ってはいけません恐ろしい人です、年下やけど(冷汗) が同フィールドへ行き

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

スーパーダイレクションジグにデカアバカスをセットしてドイザーさん、ナイスフィッシュで〜す!

 

コレで2本釣ったそうです。

 

しかし以降なかなかバイトが得られないということでドイザーさんもデカアバカスのフリーリグにチェンジしたらしく、すると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

ナイスフィッシュでこのドヤ顔ですよ!

 

男前ですね〜(≧∇≦)

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

結局、ドイザーさんはフリーリグにチェンジしてから6本、計8本で納竿となったそうです。

 

デカアバカス、爆釣です‼︎

 

皆さんも次回釣行にはデカアバカスをお忘れなく。

 

私のオススメはよく釣れたのでフリーリグですが、他にもテキサス、キャロ、ダウンショットやチャターのトレーラーもアリなのでいろいろ試してみてください(^o^)/

 

 

使用タックル

フラッシュジャンパー1/4oz

トレーラー フラッシュセルテイル

ロッド 66M

リール 6.2

ライン ノガレス デッドオアアライブプレミアム パワースタウト12lb

 

アバカスシャッド4.3 フリーリグ

ロッド 66MH

リール 8.1

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

フック ノガレス フッキングマスター リミテッドエディション モンスタークラス5/0

シンカー 14g

abacus_shad_43flash_jumperflash_jumper

FジャンパーとSダイレクションジグ

2018-10-02 05:05:18

こんにちは、エモ兄です!

 

先日のリザーバー釣行ですが気温も水温も下がりスッカリ秋めいて来たので横の動きに対する魚の反応を見るべくフラッシュジャンパーを巻いてみました。

 

そしてこの日は雨というか最近の釣行は毎回雨降りなのですが期待するほどの雨パワーは感じられず。

 

まず最初に1/4ozでシャローレンジ水深50㎝ぐらいまでを引いていきました。

 

1/4ozを使う理由としてはフラッシュジャンパーの特徴であるハイピッチ設計でゆっくり巻いてもブレードは小刻みに動いてその振動がキッチリ手元に伝わってくることと3/8oz、1/2ozに比べて軽いので同じリトリーブスピードでも浅いレンジを引いてこれるのでまずは1/4ozからです。

 

1/4ozは軽いから飛距離が出ないと思われるかもしれませんがセルテイルと組み合わせることによって私のオールドタックル(笑)でも十分飛びます。

 

この1/4ozで流していくと35㎝ぐらいの魚が釣れましたが今回はデカバス狙いということで写真は無しです!

 

そしてこの1本からデカイのを釣る為にはもっとアピールを増したほうがいいかも⁉︎ということでブレードもシルエットも大きくなり当然、水押しや波動も強くなる1/2ozにチェンジしました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

写真右が1/4ozで左が1/2oz

 

ただ、レンジは変えたくなかったので1/4ozに比べてリトリーブスピードが速くなりますがそれにより自発的千鳥効果も増大でアピール力抜群です。

 

すると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

岩盤の凹凸からグッドサイズが出てきました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

カラーはジャンパーがブルーバックチャート、セルテイルがチャートシャイナーです。

 

それからレイダウンの際や岬の先端を通すと写真の魚よりデカイ魚など3本ヒットしましたが全てランディングをミスるという悲しい結果に。

 

しかし、巻きのシーズン到来ということで楽しむことができました!

 

もうひとつ良かったのがスーパーダイレクションジグ+ユニオンクロー!

 

風と水流によってできた小さなチップカバー、その岸際に撃ち込むと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

この日の最大魚!

 

ラインは低伸度で根ズレに強いバリバスのガノア アブソルート12lbでしたがヘビーカバーでないかぎりラインブレイクの心配など問題なくバスをカバーから引きずり出せるので安心してやりとりできました。

 

それから同様に攻めていき

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

もう1本50アップを追加することができました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

 

私の場合、スーパーダイレクションジグのガードはよほど濃いカバーを撃つ以外はスナッグレス性能よりフッキング重視でカットして本数を3本または4本にしています。

 

スーパーダイレクションジグはその形状とバランスからガレ場など根掛かりの多い場所で使用して仮にスタックしてもロッドティップを小刻みに振って弾くようにするか、最悪根掛かりした場所の真上まで行けばほぼ回収できます。

 

※スタックを回避した直後にバイトチャンスの可能性アリなので要注意です‼︎

 

回収できるということは、なくならないということで同じ物を使い続けて一個のジグで沢山の魚を釣るようになりますが、スーパーダイレクションジグのフックはノガレスの強靭なフックが採用されていて尚且つ錆止めとフッ素コートがされているので簡単にフックポイントが甘くなることもなく傷まずに長く使用することができます。

 

ちなみにフラッシュジャンパーにも同じノガレスのフックが採用されています。

 

フットボールは根掛かりやすいから嫌いで使わないという方は騙されたと思って一度スーパーダイレクションジグを使ってみてください。

 

騙しません(笑)

 

あっ、それとフラッシュジャンパーのトレーラーのセルテイルですが、千鳥アクション重視の場合はテイルのくびれから先をカットするのをお忘れなく(^o^)/

 

 

使用タックル

フラッシュジャンパー

ロッド 1/4oz 66M、1/2oz 68MH

リール 6.2、6.3

ライン デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト12lb

トレーラー フラッシュセルテイル

 

スーパーダイレクションジグ14g

ロッド 66MH

リール 6.3

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

トレーラー ユニオンクロー

フラッシュジャンパーのリフト&フォール

2018-08-06 02:09:14

こんにちは、スタッフの恵本です!

連日の猛暑でフィールドの表水温も朝から30℃を超えており私には巻き物でバイトを得るのが難しい状況になってきました(汗)

最近はアバカスシャッド3.3インチのスルーダウンショットリグが好調です。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

今回はそのアバカスのスルダンではなく、ブログタイトルのまんまフラッシュジャンパー+セルテイルのリフト&フォールについてσ(^_^;)

 

朝夕のマズメ時ならタダ巻きでもバイトチャンスはありますが日中ともなるとさすがに厳しくなります。

そんな時に是非試していただきたいのがリフト&フォールです。

 

先日の釣行では岬の馬の背、水深6m付近でスルダン、ジグヘッドにバイトが多数ありました。

そのバイトが遠退いた時に色々なルアー、リグを試してみましたが反応がないので最終的にまずフラッシュジャンパーを遠投してボトムまで沈めてそこからゆっくり巻き上げていきました。

これでもバスの反応が得られないので次に試したのがリフト&フォールです。

 

私のやり方としては、巻き上げと同じようにまずボトムまで沈めます。

着底したらラインスラッグを取ってからフットボールジグを跳ね上げるような素早いリフトではなく、ブレードの振動を感じながらゆっくりロッドを立てていきます。

ロッドが立ちきったところで今度はフォールですがボトムまでは沈めません。

そしてカーブフォールとフリーフォールでバスの反応を伺います。

 

カーブフォールの場合はリフトした後にラインを張った状態でリーリングしてブレードの振動を感じながらロッドを倒していきボトムを取らずにまたリフトします。

なのでフラッシュジャンパーの動きが止まることはありません。

 

フリーフォールはリフトのやり方は同じですが、フォールはラインテンションがかからないよう素早くロッドを倒してブレードの動きを感じることなくフォールさせながらラインススラッグを取り、カーブフォールと同様にボトムには着けずにまたリフトします。

ちなみにフリーフォール時、フラッシュジャンパー+セルテイルはスパイラルフォールしています。

 

バイトは現時点での私の結果では両方ともフォール時に集中しています。

 

どちらのリフト&フォールにせよ、遠距離やディープでのバイトを確実にフックアップする為にパワーのあるロッドをオススメします‼︎

 

先日はリフト&フォールで3連発!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

したのですが私の技量により取れたのは1本(-.-;)y-~~~

 

いやお恥ずかしいε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

このリフト&フォールですが、フラッシュジャンパー発売直前にも別フィールドでタダ巻きに反応がないので試してみると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

この時は水中に立ち木が多いエリアの沖にボートポジションを取り、岸に向かって投げて着底させて浅い方から深い方へリフト&フォールしていきました。

 

立ち木エリアでのリフト&フォールの注意点ですが、単純に立ち木にコンタクトした時にバイトと勘違いしてフッキングしてガッツリ引っ掛からないように即アワセをせず、魚なのか木なのかを判別する「間」を持って間違いなく魚だと確認できてからフッキングしたほうが良いと思います。

フラッシュジャンパーにバイトしたバスは猛烈にアタックしてきているのでそれぐらいの「間」を取ってもちゃんとフッキングに持ち込むことが出来ます!

 

私が説明するまでもなく既に「そんなこと普通にやってるわ」と当たり前のようにフラッシュジャンパーをリフト&フォールで使用して良い釣果を上げられている方がいらっしゃるかもしれませんが、まだそんな使い方はしたことがないという方は是非試してみてください‼︎

 

それでその日に1本でも2本でも多くバスを釣ってもらえたら幸いです(≧∇≦)

 

簡単ではありますが私のフラッシュジャンパー+セルテイルのリフト&フォールについてでしたm(_ _)m

 

 

使用タックル

ルアー フラッシュジャンパー1/2oz

トレーラー フラッシュセルテイル5.3

ロッド 68MH

リール 6.3:1

ライン ノガレス デッドオアアライブプレミアム パワースタウト12lb

flash_jumperflash_celltail_53