Flash Union Blog 西平和人

夏の魚探しに!フラッシュジャンパー!

2018-08-03 16:00:09

こんにちは!

ニッシーです。

 

8月に入り、フィールドは灼熱となってます。

分かりやすくタフコンディションといった状況ですが、頑張った末の一匹は非常に嬉しいですね!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

皆様も熱中症には気をつけて釣行してください!

 

さてさて、

先日のオカッパリ釣行のこと。

真夏のオカッパリ

 

しばらく雨が遠ざかっているので、この日はシャローの水は煮え煮えでアオコ濁りが発生している状態。

 

朝夕を除くと、シャローは水温が上がり過ぎるので、夏のキーワードの「流れ」「シェード」に、日中には「レンジ」も大事な要素になってくるので、ミドルレンジの何かを釣っていく日でした!

 

この日に行ったフィールドはウィードレイクで、ウィードが作るシェードを釣っていきましたが、流れが無い日だったのでなかなか狙いが絞れない、、、

濁りもあって、ワームの釣りだと遅すぎるなか、、、

 

フラッシュジャンパーのホバリングロールにて!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

痩せてるけど、長いやつ!

 

フラッシュジャンパーをデッドスローで巻いてカーブフォールでウィードに近づけて行き、ウィードに触ったとこからタダ巻きに変えたとこで、ぬーん、、、とバイト。

ウィードトップをキッチリ巻くのは、通常はかなり難しいのですが、ハイピッチのフラッシュジャンパーはカーブフォール中にも、しっかりと動き、手元に振動が伝わるおかげで、変化が分かりやすく簡単にできます!

 

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

かなりアフターな個体でしたが、低活性なバスもサーチしながら、拾っていけるのがホバリングロールの良いところ!

 

この日は色々やってみましたが、濁りもあり、ワームの釣りではテンポが遅かったのでチャターを巻ききり、、、

 

夕方のドラマフィッシュ!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

今度はコンディション抜群の高活性の魚でした!

 

ちなみにこいつも、ホバリングロールでカバーに向けてレンジを下げて行き、カバー下でリトリーブを変えた瞬間に引ったくっていきました。

 

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

チャターで来ると、デカイ事が多いですね!

 

特に、濁りもあったので、強めのカラーを使用しましたが、

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

この二色はデカバス率高めと評判のカラーです(^^)

 

ボートの釣りと違い、足元以外のポイントは投げて行くことで情報を得ていくオカッパリ!

フラッシュジャンパーのハイピッチアクションは、しっかり手元に伝わる振動でウィードの種類などの判別もしやすく、ワンキャストの中で得られる情報が多く、ホバリングロールはバイトチャンスを作る回数も増やせるので、狙いが絞れない時にも信頼できるルアーですね(^^)

 

トレーラーはもちろんセルテイルがおすすめです。

今回はセルテイルのテール先カットして、少しだけエビ反りでセットしてます。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

トレーラーの反りが大きいほど、低速リトリーブでもよくジャンパーします。

千鳥らせたくない場合は、まっすぐ刺して、テールはノンカットがおすすめ。

 

今回のセッティングくらいだと、着水からの動きだしで一回、ホバリングロールからタダ巻きに変わるとこで一回、足元上がり始めで一回、足元で一回と、レンジの変わり目に軽いジャンパーアクションが入り、ストラクチャーにコンタクトさせなくても1キャストで4回バイトチャンスが作れます(^^)

 

フラッシュジャンパーは根掛かりにくいヘッド形状なので、タイトに攻めても安心ですが、リトリーブコースが自由に取れないオカッパリの場合、多少外れたコースでも魚を引っぱれるジャンパーアクションがバイト数を増やしてくれます♪

 

やはり夏はシェードがキーになりますが、目に見えない、ウィードやストラクチャーが作る水中のシェードは以外に多く、なかなか魚のポジションを絞りにくい場合にはフラッシュジャンパーで手数を増やして魚を探してみてくださいね!

チャターとゆうと強いルアーのイメージがありますが、ホバリングロールならタフった魚も拾えます(^^)

flash_jumperflash_celltail_53