Flash Union Blog 高梨洋平

ユニオンスイマー「ライザードリルダート」前編公開!

2017-04-20 00:00:00

遠賀川戦終了の翌日に高知県早明浦(さめうら)ダムで撮影した動画が公開されました。

撮影日は2016 TOP50 早明浦戦のちょうど1年前。ディープクランクで揃えてユニオンスイマーでキッカーを獲り予選をトップで通過した試合です。(最終日にエンジントラブルにより機動力を失い失速)

この時、プリプラクティス時からユニオンスイマーが早明浦ダムのビッグバスに強烈に効いており、まだ水温が低く同時期に開催されたトーナメントでは47名参加中6名しかウェイインされなかったという中で50cm後半を頭に何本ものビッグバスをキャッチしていました。

結果的に今回の動画はその時の再現のようなかたちとなり、釣れるサイズこそ30cm台からビッグバスまで幅広くはなりましたが、ユニオンスイマーが炸裂した1日となりました。

今回の撮影でターゲットとなったのが垂直岩盤沖のド中層を回遊するプリスポーンバス。
それを獲るために即興で行ったのが「ライザードリルダート」というテクニックです。これを発見してからは、沖の中層からまるで魔法のように、次々とバスがライズアップしてユニオンスイマーを襲いに来ました。

ちなみに昨年のプラクティス~試合でメインだった使い方は、今回の動画1本目を釣った時のようなインレット周辺のフラットでのリトリーブ&ジャーク。比較的浅い水深でバスを浮かせて釣っていました。

しかし今回、バスを水面直下までコールアップさせたのは途方もない水深がある垂直岩盤沖。恐らく、大幅な減水に加えて上流から流れて来ていたジンクリアで冷たい水が、バス達を中流の垂直岩盤に惹きつけさせたのでしょう。
今回圧倒的に良かったのは「上流から降りて来て急に水温が1℃程上がり、やや濁りが入った中流のインターセクション周辺の岩盤」。
その中層の何処に居るのかも分からないプリスポーナーを浮かせるために使ったテクニックが「ライザードリルダート」でした。

ドリルダート&ライズ(浮上)で何もない岩盤沖のド中層から突然現れてユニオンスイマーを襲うバイトシーンは必見です。
是非ご覧ください!