Flash Union Blog 高梨洋平

ド中層回遊ビッグバスを浮かせて食わす! ライザードリルダート動画後編公開!!

2017-04-29 00:00:00

先日アップされたライザードリルダート動画後編は見て頂けたでしょうか?
2回ミスしてしまった50アップを、3度目の正直で取り返しています。
途方もない水深がある岩盤沖のド中層を回遊するビッグバスを浮かせて食わせる。これがユニオンスイマーを使ったライザードリルダートの真骨頂です!

この50アップをキャッチするほんの2~3キャスト前、それまで使っていたアユカラーから「レッドシャッド」というカラーにチェンジしていました。

動画中でも話していますが、このレッドシャッドは昨年の早明浦戦の時に本当に使いたかったカラーでした。(エコ認定品でこのカラーが無かったため使えず)
昨年の早明浦戦のプラクティス時に大きなカエルが湖中に生息しているのを確認でき、そのカエルの存在が異様なほどのユニオンスイマーの好調に関わっているように思えたからです。

これはあくまでも個人的な感性に基づく話になりますが、魚と人間では感覚器官が異なるため、人間から見たリアルが必ずしも魚から見たリアルとは限らないものと思っています。
今回の場合、「柔らかくて大きく赤っぽいものが、ポカンと浮いたり、潜ったり、浮上したりしている」このことがなんとなくバスにとって「なんかカエルっぽいもの」と認識されていたような気がします。

例えば、ストレートワームのジグヘッドワッキーも同じことが言えると思います。ワームそのもののシルエットはエビやカニ、ザリガニ等の甲殻類には似ても似つかないのにも関わらず、ジグヘッドワッキーにしてボトムを這わすことで、甲殻類を捕食しているバスに非常に大きな効果を発揮します。

たとえシルエットが似ていなくても、波動や全体的な雰囲気でバスにそれと認識させる。ルアーフィッシングの面白さです。

もう1つ、後編の見どころはなんと言っても、ユニオンスイマーのフローティングが故に可能なチューニングによるアジャストです。
フローティングだからこそ、ウエイトを入れることでサスペンドにもシンキングにもできる。これもユニオンスイマーの大きな武器と言えるでしょう。

動画で解説したような「ショードバイトで終わってしまう」「追ってくるけど食わない」をそれだけで終わらせず「レンジを調整してしっかり食わせる」ことができるのがユニオンスイマーです。

これまでのビッグベイトやスイムベイトでは釣り切れなかったバスを「フローティング」「ジャークで使える」「レンジ調整ができる」という武器で釣ることができる唯一無二のスイムベイト、皆さん是非使ってみてくださいね!