西平和人 face西平和人 ユニオンスイマー120!良い魚が釣れてます♪

2018-08-07 13:31:54

こんにちは。

ニッシーです。

 

前回のブログでチャターの魚探しご紹介させて頂きましたが、チャターに続いてこの時期のビッグフィッシュパターンで効くのがスイムベイト!

 

サンプルですが、ほぼ製品版のユニオンスイマー120が良いタイミングで到着しまして既に大活躍してくれてます。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

 

躊躇なく丸呑みするサイズ感!

それでいて、見た目の小ささを補うためのハイピッチ+水押しの強い新しいテールが搭載されてるので、スイムベイトらしい魚を引っ張る力はしっかりと持っている感じです♪

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

 

お試し中にいきなり釣れたロクマル!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

ヒシモのエッジを巻いてたら、下にいたやつがタダ巻きにすっ飛んできましたが、スローに巻いても全力で泳ぐので、魚も本気喰いでした!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

何気なしに巻いてたら来たラッキーフィッシュにしてはデカすぎなミラクルフィッシュ!

アフター個体だったのと、食ったのが足元だったのでファイトは一瞬でしたが、食うとこが見えた衝撃の瞬間でした♪

 

別の日には、浅いシャローに浮いてた50アップも!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

回復系のムキムキバス!

この時期の回復系は結構ルアーを選ぶのですが、フローティングのユニオンスイマーならしっかり水面で騙せますね!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

この魚も離れたところに投げて、水面の波動に気づいて突っ込んで行きました♪

高水温期の朝一などの良いタイミングをしっかりと捉えていくには最高のルアーになりそうですね!

まだ発売前ですが、目線より上でのバイトが増える、今から秋には既に外せないアイテムとなりました!笑

 

スイムベイトもサイズを選べるルアーですが、ユニオンスイマー120は柔らかい波動だけど、早くて強いテールは場所選ばず釣れてくれそうです。

スイムベイトではありえない小技も効くので、今後新しい使い方も産まれそうで楽しみです。

巻き抵抗もしっかりあるので、誰でも使いやすいと思います♪

 

個人的には120はしっかりと波動や音を使って気づかせるのに対して、オリジナルはルアーの大きさで気づかせて、無防備な雰囲気で襲わせる。

もしくは、フラッシングで逃げ出す様子を出してやる。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/07

今年は春から初夏のクリアウォーターでは大活躍したオリジナルのユニオンスイマー

ブリブリといったテールではない、ヒラヒラはためく感じのオリジナルのユニオンスイマーのテールは、視覚で気づかせやすいクリアウォーターでは効果を発揮するので、ブリブリ系テールのユニオンスイマー120との使い分けもしやすいと思います(^^)

 

恵本将文 face恵本将文 フラッシュジャンパーのリフト&フォール

2018-08-06 02:09:14

こんにちは、スタッフの恵本です!

連日の猛暑でフィールドの表水温も朝から30℃を超えており私には巻き物でバイトを得るのが難しい状況になってきました(汗)

最近はアバカスシャッド3.3インチのスルーダウンショットリグが好調です。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

今回はそのアバカスのスルダンではなく、ブログタイトルのまんまフラッシュジャンパー+セルテイルのリフト&フォールについてσ(^_^;)

 

朝夕のマズメ時ならタダ巻きでもバイトチャンスはありますが日中ともなるとさすがに厳しくなります。

そんな時に是非試していただきたいのがリフト&フォールです。

 

先日の釣行では岬の馬の背、水深6m付近でスルダン、ジグヘッドにバイトが多数ありました。

そのバイトが遠退いた時に色々なルアー、リグを試してみましたが反応がないので最終的にまずフラッシュジャンパーを遠投してボトムまで沈めてそこからゆっくり巻き上げていきました。

これでもバスの反応が得られないので次に試したのがリフト&フォールです。

 

私のやり方としては、巻き上げと同じようにまずボトムまで沈めます。

着底したらラインスラッグを取ってからフットボールジグを跳ね上げるような素早いリフトではなく、ブレードの振動を感じながらゆっくりロッドを立てていきます。

ロッドが立ちきったところで今度はフォールですがボトムまでは沈めません。

そしてカーブフォールとフリーフォールでバスの反応を伺います。

 

カーブフォールの場合はリフトした後にラインを張った状態でリーリングしてブレードの振動を感じながらロッドを倒していきボトムを取らずにまたリフトします。

なのでフラッシュジャンパーの動きが止まることはありません。

 

フリーフォールはリフトのやり方は同じですが、フォールはラインテンションがかからないよう素早くロッドを倒してブレードの動きを感じることなくフォールさせながらラインススラッグを取り、カーブフォールと同様にボトムには着けずにまたリフトします。

ちなみにフリーフォール時、フラッシュジャンパー+セルテイルはスパイラルフォールしています。

 

バイトは現時点での私の結果では両方ともフォール時に集中しています。

 

どちらのリフト&フォールにせよ、遠距離やディープでのバイトを確実にフックアップする為にパワーのあるロッドをオススメします‼︎

 

先日はリフト&フォールで3連発!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

したのですが私の技量により取れたのは1本(-.-;)y-~~~

 

いやお恥ずかしいε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

このリフト&フォールですが、フラッシュジャンパー発売直前にも別フィールドでタダ巻きに反応がないので試してみると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/08/06

 

この時は水中に立ち木が多いエリアの沖にボートポジションを取り、岸に向かって投げて着底させて浅い方から深い方へリフト&フォールしていきました。

 

立ち木エリアでのリフト&フォールの注意点ですが、単純に立ち木にコンタクトした時にバイトと勘違いしてフッキングしてガッツリ引っ掛からないように即アワセをせず、魚なのか木なのかを判別する「間」を持って間違いなく魚だと確認できてからフッキングしたほうが良いと思います。

フラッシュジャンパーにバイトしたバスは猛烈にアタックしてきているのでそれぐらいの「間」を取ってもちゃんとフッキングに持ち込むことが出来ます!

 

私が説明するまでもなく既に「そんなこと普通にやってるわ」と当たり前のようにフラッシュジャンパーをリフト&フォールで使用して良い釣果を上げられている方がいらっしゃるかもしれませんが、まだそんな使い方はしたことがないという方は是非試してみてください‼︎

 

それでその日に1本でも2本でも多くバスを釣ってもらえたら幸いです(≧∇≦)

 

簡単ではありますが私のフラッシュジャンパー+セルテイルのリフト&フォールについてでしたm(_ _)m

 

 

使用タックル

ルアー フラッシュジャンパー1/2oz

トレーラー フラッシュセルテイル5.3

ロッド 68MH

リール 6.3:1

ライン ノガレス デッドオアアライブプレミアム パワースタウト12lb

flash_jumperflash_celltail_53

西平和人 face西平和人 夏の魚探しに!フラッシュジャンパー!

2018-08-03 16:00:09

こんにちは!

ニッシーです。

 

8月に入り、フィールドは灼熱となってます。

分かりやすくタフコンディションといった状況ですが、頑張った末の一匹は非常に嬉しいですね!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

皆様も熱中症には気をつけて釣行してください!

 

さてさて、

先日のオカッパリ釣行のこと。

真夏のオカッパリ

 

しばらく雨が遠ざかっているので、この日はシャローの水は煮え煮えでアオコ濁りが発生している状態。

 

朝夕を除くと、シャローは水温が上がり過ぎるので、夏のキーワードの「流れ」「シェード」に、日中には「レンジ」も大事な要素になってくるので、ミドルレンジの何かを釣っていく日でした!

 

この日に行ったフィールドはウィードレイクで、ウィードが作るシェードを釣っていきましたが、流れが無い日だったのでなかなか狙いが絞れない、、、

濁りもあって、ワームの釣りだと遅すぎるなか、、、

 

フラッシュジャンパーのホバリングロールにて!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

痩せてるけど、長いやつ!

 

フラッシュジャンパーをデッドスローで巻いてカーブフォールでウィードに近づけて行き、ウィードに触ったとこからタダ巻きに変えたとこで、ぬーん、、、とバイト。

ウィードトップをキッチリ巻くのは、通常はかなり難しいのですが、ハイピッチのフラッシュジャンパーはカーブフォール中にも、しっかりと動き、手元に振動が伝わるおかげで、変化が分かりやすく簡単にできます!

 

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

かなりアフターな個体でしたが、低活性なバスもサーチしながら、拾っていけるのがホバリングロールの良いところ!

 

この日は色々やってみましたが、濁りもあり、ワームの釣りではテンポが遅かったのでチャターを巻ききり、、、

 

夕方のドラマフィッシュ!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

今度はコンディション抜群の高活性の魚でした!

 

ちなみにこいつも、ホバリングロールでカバーに向けてレンジを下げて行き、カバー下でリトリーブを変えた瞬間に引ったくっていきました。

 

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

チャターで来ると、デカイ事が多いですね!

 

特に、濁りもあったので、強めのカラーを使用しましたが、

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

この二色はデカバス率高めと評判のカラーです(^^)

 

ボートの釣りと違い、足元以外のポイントは投げて行くことで情報を得ていくオカッパリ!

フラッシュジャンパーのハイピッチアクションは、しっかり手元に伝わる振動でウィードの種類などの判別もしやすく、ワンキャストの中で得られる情報が多く、ホバリングロールはバイトチャンスを作る回数も増やせるので、狙いが絞れない時にも信頼できるルアーですね(^^)

 

トレーラーはもちろんセルテイルがおすすめです。

今回はセルテイルのテール先カットして、少しだけエビ反りでセットしてます。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/08/03

トレーラーの反りが大きいほど、低速リトリーブでもよくジャンパーします。

千鳥らせたくない場合は、まっすぐ刺して、テールはノンカットがおすすめ。

 

今回のセッティングくらいだと、着水からの動きだしで一回、ホバリングロールからタダ巻きに変わるとこで一回、足元上がり始めで一回、足元で一回と、レンジの変わり目に軽いジャンパーアクションが入り、ストラクチャーにコンタクトさせなくても1キャストで4回バイトチャンスが作れます(^^)

 

フラッシュジャンパーは根掛かりにくいヘッド形状なので、タイトに攻めても安心ですが、リトリーブコースが自由に取れないオカッパリの場合、多少外れたコースでも魚を引っぱれるジャンパーアクションがバイト数を増やしてくれます♪

 

やはり夏はシェードがキーになりますが、目に見えない、ウィードやストラクチャーが作る水中のシェードは以外に多く、なかなか魚のポジションを絞りにくい場合にはフラッシュジャンパーで手数を増やして魚を探してみてくださいね!

チャターとゆうと強いルアーのイメージがありますが、ホバリングロールならタフった魚も拾えます(^^)

flash_jumperflash_celltail_53